ミニマリストとは【必要最低限ものだけで生活する人のこと】

生き方
スポンサーリンク

ミニマリストとは

minimal=最小限

簡単に言うと自分にとって必要最低限ものだけで生活する人のことです。

必要のないものを手放すことによって暮らしは豊かになります。

ミニマリストのイメージ

ミニマリストと聞くとお部屋に何も物が置いていなくて

電子レンジも冷蔵庫もテレビも何もないそんなイメージの方もいると思いますが

物が少なければいいというわけではありません

最小限のものだけで生活をするということが大事なので

PCで仕事をするのでPCは必要、スーパーが近くにないので冷蔵庫がないと困るなど

自分の生活に必要だと思ったものはちゃんと残しておく必要があります。

本当に必要なものなのかを見分ける必要があるのです。

実際に試してみた感想

  • 仕事の日は同じTシャツとズボンを3着ずつ買って毎日同じコーディネートを着まわす
  • 靴は4足のみ (クロックス スニーカー パンプス 長靴)
  • 1つ増えたら1つ捨てる 1in 1out
  • 収納に入らないものは増やさない

毎日同じコーディネートを着まわす+靴は4足のみ

服や靴を多く持っていると今日は何を着ていこう、

昨日はTシャツだったから今日はワンピースにしようかななど

あれでもないこれでもないと考えれば考えるほど疲れてしまいます。

もちろんおしゃれが好きな人にとっては楽しい時間なのですが

そこまでおしゃれに興味のない私にとっては朝の憂鬱な時間でした。

あらかじめ仕事に行くときはこの組み合わせと決めました。

ここで重要なのがデザインはシンプルなもので着心地のいいものを選ぶということです。

シンプルなものは飽きにくく

いいものを長く使うというのもミニマリストの考えの一つなのです。

朝今日何を着ていくかで悩む時間がないだけで時間にゆとりができ

いつもよりゆっくり朝ご飯を食べられ気持ちにゆとりができた気がします。

1in 1out 収納に入らないもの以上は増やさない

物というのは日に日に増えていきます。

人からもらったもの、思い出のあるもの、日々届く郵便物など

いつか使うかもしれない、捨てにくいなどの理由で

ついついとっておくと気付いたころには大量のものに囲まれているなんてこともあります。

その都度判断をするのが厳しいようであればしまう場所をきちんと決めて

収納に入りきらなくなったら1度本当に必要なものなのか見直すようにしましょう。

私は以前収納に入らなくなったものをとりあえず部屋の隅に…と置いてしまい

しばらく放置して誇りをかぶってしまうなんてことがありましたが

今は自分のルールをしっかり守り今の収納に入るかどうかや

これを買ったとして手放せるものがあるのかなど考えてから買うようになり

無駄遣いを減らすことが出来ました。

必要なものは人それぞれ

物を減らす=幸せになれるというわけではありません。

手放すことがメインなのではなく手放すことでどんなメリットがあるのか考えましょう。

必要のないものを手放し、お気に入りのものに囲まれて過ごすと暮らしが豊かになります。

ミニマリストについてもっと知りたい方におすすめの本


私が初めてミニマリストについて学んだ本です。

しぶさんがミニマリストになるまでのお話や

生活スタイル、持ち物などが紹介されています。

1日1食など読む方にとってはちょっとハードルが高いかもと

思うこともこの本には書いてありますが

先ほども書きましたように必要なものは人それぞれなので

こんな生活をしている人もいるんだという感覚で読んでみてください。

新しい世界が見えるかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました