雨の降る日は何もしないことをする

生き方
スポンサーリンク

時間は有限であり、人の人生とは短いものです。

やりたいことはたくさんあるのに全てを実行するには時間が足りない。

優先順位をつけ、やりたいことのために時間を使いっているのに

心も体もだんだん疲弊していく…。

好きなことをやっていてもやはりどこかで息抜きが必要です

雨は嫌なことだけじゃない

私は雨に濡れるのが嫌いなので雨の日は憂鬱です。

そんな雨が癒しに変わる瞬間があります。

仕事が終わり家に帰ってベッドに横になり

雨音や時折聞こえて来るカエルの声に耳をすませボーッと時計を見ます。

この時間が私のリラックスタイムなのです。

仕事に夢中になったり、本を読むことに夢中になったり、夢中になって遊んだり

人は夢中になると時間を忘れることがあります。

そんな忘れてしまった時間を取り戻すように

デジタル時計が秒単位で時間を刻んでくれ

それを見ていると時の流れを感じ安心します。

私は考えすぎて疲れてしまったとき

これを行うと頭の中が空っぽになり自然と心がリラックス出来ます。

何もしないことをする

何もしないというのは人によっては意外と難しかったりもします。

〇〇しなくちゃ、休んでいる場合じゃない、怠けてるって思われるかも

そんな感情に縛られることもあります。

でもそこで休むという選択をできるのは自分だけです。

自分が壊れてしまう前に選択をしましょう。

壊れるのは一瞬でも治すのは大変です。

休む時は休む頑張る時は頑張る。

メリハリをつけることは何かを継続していくためには大切なことです。

ゆっくり休むことでまた頑張ろうと行動に繋がるのです。

タイトルとURLをコピーしました