片道1時間の通勤時間は無駄ではない【毎日の習慣を作る】

生き方
スポンサーリンク

片道1時間の通勤時間は無駄ではない

職場が近かったらもう少しゆっくり寝ていられるのに…。

仕事が18時に終わっても家に着くと19時…。

自由に使える時間が少なくなるなど

通勤時間が長いことを無駄だと感じている方も多いと思います。

私はこの時間を有効活用することが出来れば無駄ではないと思っています。

私の通勤時間ルーティーン

7時30分 家を出る 

 ↓   徒歩20分 (YouTubeバックグラウンド再生で勉強)

7時50分 電車に乗る

 ↓   乗車時間20分 (本を読む)

8時10分 最寄り駅に到着

 ↓   徒歩20分 (YouTubeバックグラウンド再生で勉強)

8時30分 職場に到着

ざっくりですがこれを週5日続けています。

帰りも同じルーティーンなので1日80分の勉強と40分の読書をしていることになります。

もしこの時間をゲームをしたり、ニュースアプリでゴシップ記事を読んだり、

娯楽になるYouTubeを見ているようであれば時間の浪費といえるのかもしれません。

昔の私がそうでした…。

同じYouTubeでも最近ではラジオのような動画というものが多くあり

携帯の画面を見ていなくても理解ができるものも多くあります。

私はそのラジオのような動画でブログのことや投資についての勉強をしています。

もしも通勤時間が徒歩10分だったら

ではもし仮に通勤時間が徒歩10分だったとします。

あなたは早起きをしてその時間を勉強や読書など自己投資に使いますか?

これができる人は通勤時間は短いほうがいいのかもしれません。

ですが私は朝起きるのがとても苦手です。

もし職場が家の近くで早起きする必要がなければ絶対に起きないでしょう。

仕事終わりも同じです。

例えば仕事で残業があり遅く終わったとしたら

疲れているから早めに寝ようと何もしずに寝てしまうでしょう。

そうやってついつい自分を甘やかしてしまうものです。

ですがこの通勤時間を使えば

〇〇しなくてはいけないという状況を作り出すことが出来ます。

自分に甘い私だからこそこの時間を有効活用して

今までなかなか続かなかったことをやっていこうと思います。

まとめ

通勤時間が長く無駄だなと感じている方は毎日続けたいことを

通勤時間でやると長続きします。

ただ車通勤の方や満員電車ではできることが限られていますし

満員電車に乗ること自体がストレスになってしまうなんてこともあるので

その場合はまた状況が変わってくると思います。

ますは自分が毎月何時間通勤時間に費やしているか計算してみてください。

それを無駄な時間にするのも有効活用するのも自分次第です。

タイトルとURLをコピーしました