「今日夜ご飯何にしよう…」お母さんの苦労を1つ知りました

暮らし
スポンサーリンク

毎日ご飯を自炊されている方ならよくある悩みだと思うんですが

「今日夜ご飯何にしよう…」と悩み始めてなかなか決まらないことってありませんか?

まだ私は一人暮らしなのである程度自由が利きますが

小さいお子さんがいる方や、旦那さんの好みに合わせて献立を考えている方など

世の中のお母さんは大変だな~と一人暮らしをして自炊するようになって思いました。

おすすめのアプリはこちらで紹介しています↓

合わせて読みたい

夜ご飯のメニューが決まらない!【デリッシュキッチンを使えばもう迷わない】

続きを読む

私の夜ご飯

そんな私の夜ご飯は3日~4日同じものを繰り返し食べることが多いです。

やっぱり一人暮らしで 1回分のご飯だけ作るのって難しいですし

何より毎日「今日夜ご飯何にしよう…」と悩むのに少し疲れてしまいました。

こんなことでストレスを溜めていてはもったいないと思い

ご飯もおかずもまとめて作って冷凍し

解凍して食べるだけこれを繰り返しています。

お弁当に入れられるものだと1日2回昼と夜で

同じものを食べていることもあります。

よく職場で飽きないの?と聞かれますが私の中で

同じものを何日食べるより毎日自炊するほうが大変だと感じています。

料理をすれば洗い物もたくさん出ますし

料理もそこまで上手ではないので時間もかかります。

そう考えると何日か同じご飯でも全然つらいと感じたことはありません。

実家

しかし実家にいたころは違いました。

お母さんの作る料理は好きでしたが

残り物を食べるのが好きではありませんでした。

毎日違うご飯が何もしなくても出てくるので

残り物より今日のご飯が食べたいと思ってしまっていました。

そしてお母さんが「残り物を出しても売れないからいつも私が食べることになる」と

よく不満そうに言っていました。

今なら不満そうだったお母さんの気持ちがわかります。

一人暮らしをして料理の大変さを知り

もし自分が同じ立場だったら一生懸命作った料理が残り

次の日に食卓に出しても誰も食べてくれないから仕方なく自分で食べる

つらいですね…。

その気持ちを知ってから実家に帰ってご飯を食べたときは

「これ美味しいね」と気持ちを伝えたり、食器洗いを手伝ったりするようになりました。

ご飯を作っているときはキッチンに入ってほしくないというのが

私のお母さんのこだわりだったので配膳やお片づけを手伝うようにしています。

経験して知る相手の気持ち

誰かの気持ちを知れるって素敵なことだなって思います。

つらい気持ちを知れたからこそ大切にできることもあります。

私はきっと一人暮らしをしなかったら、自炊をしなかったら

お母さんのありがたみを知ることはなかったでしょう。

それだけでも一人暮らしをしてよかったなと思えます。

少し実家に帰りたくなってきました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました