自由とは【自分で決められること】

暮らし
スポンサーリンク

自由とは

自由とは、他からの強制・拘束・支配などを受けないで、自らの意思や本性に従っていることをいう。哲学用語。

「“自由”」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』より

皆さんにとって自由とはなんですか?

人それぞれ違うと思いますが私が初めて自由を感じたのは

実家を出て一人暮らしを始めた時でした。

実家にいた頃は門限があったり

夜更かししていると「いつまで起きているの、もう○時よ」と言われたり

お菓子を食べていると甘いもの食べ過ぎだと言われたりとにかく窮屈に感じていました。

自分の部屋もなかったため常に居場所がないと感じていました。

ただ実家を出たら自由になれるとかはあまり考えていませんでした。

とにかく早くここから逃げたい。

これだけでした。

私が自由を感じた瞬間

一人暮らしを初めてこれが自由なんだ!と後から気づきました。

何を食べてもいい、いつ帰ってもいい、何時に寝てもいい、

なんでも自分で決められるこれこそが自由なんだと気づきました。

そして人は常に色々なものに縛られているのです。

私は一人暮らしで自由を感じましたが

それで全てが解決したわけではありません。

今はお金や仕事のことでの不安を抱えており

ここから自由になるのはまだしばらくかかりそうです。

お金の話

現在は月約20万円の給料で毎月約5万円を貯金しています。

この金額は私にとっては少ないかなと感じています。

実家にいた頃は月10万は最低貯金していたので

半分になってしまいもう少し貯金に回したいなと考えています。

一人暮らしを始めたので実家にいた頃より出費が多くなるのは当たり前で

当然給料は変わっていないので貯金に回せなくなるわけなんですが

将来的なことを考えると少し不安です。

この悩みを解決するために現在投資とブログの勉強をしています。

ただどちらも短期間でこの悩みを解決してくれるわけではないので

長い戦いになりそうです。

お仕事の話

現在動物病院でトリマーをしているのですが

トリマーというお仕事は体力的に厳しいお仕事です。

ずっと立ちっぱなしなので腰痛や大型犬(30㎏以上)を

一人でトリミングすることもあるので肩や首もこります。

私は5年働いて肩首を2回ほど痛めています。

ハサミを使っている時間も長いので腱鞘炎になることも…。

25歳でこの状態、あと何年この仕事が続けられるのか不安です。

私は高校生の頃からアルバイトをしていましたが

自分に合わない仕事をするのはとても苦痛でした。

なかなか続かずだいたい1年ごとにアルバイト先を変えていました。

そう考えるとこの仕事を5年続けられたということは

私にあった仕事なんだと思います。

そんな仕事をやめたいわけではないのに

体力的な理由でやめないといけなくなる日がくると思うと辛いです…。

ただいつかその日は来ると思います。

そうなったときのために自分の選択肢を

広げておく必要があると今は考えています。

コロナの影響は私の職場にはほとんどありませんでしたが

職を失っている人がいるというニュースを見ていると

収入が1ヶ所だけっていうのもリスクがあるのかなと思います。

まとめ

自由になりたいならまず何に縛られているのか考えて

どうしたらそこから抜け出せるか調べて実行する必要があります。

ああなりたい、こうなりたいというだけの人は沢山います。

でも行動に移せる人はわずかです。

だからこそ行動した人には違った未来が待っているはず。

私はそう信じて今日も頑張ります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました